著者:石田 麻琴

ネットショップの成功事例は「即失敗事例」!?事例があまり参考にならない理由【no.0829】

 事例ってあくまで事例だと思うんですよね。あくまで参考にしかならない・・のではないかなと思っています。

 気持ち的には事例を知りたい、聞きたい、というのはわかるんですよ。なんだかんだ、私自身も「どんな事例があるのかな」って気になりますし。ただ、事例を紹介するセミナーに何度もいったことがある方はわかると思いますが、事例を知っても売上って上がらないんですよね。

事例を聞いてもネットショップの改善には繋がらない

 これはECMJが解決したい大きなテーマのひとつでもあります。ネットショップの具体事例(多くは成功事例)と、今日から自社のネットショップを具体的にどう改善していくかには大きな隔たりがあるんですね。だから事例を聞いても自社のネットショップの改善には繋がらない。でもまた具体事例を聞きにセミナーにいってしまう。でも改善には繋がらないという、永遠のループ。

 ここには、ネットショップというインターネットビジネスの特徴が潜んでいるのではないかと思います。情報がインターネットの土俵の上で標準化してしまうので「価値になりづらい」という特徴です。

 たとえば商圏が決まっている実店舗のビジネスの場合なら、「これは船橋のとあるスーパーでおこなった販促の事例なのですが・・」という情報に価値があります。船橋という商圏で成功した販促ならば、似たような商圏特性を持つ別の地域で活用することはできないか、そんな発想に至ることができます。

商圏のないネットの世界では先行したショップが有利

 しかしインターネットには商圏というものがありませんから、Aというネットショップがおこなった販促をBというネットショップが真似たとして、お客様はAもBもどちらも利用できてしまうんですね。そうすると販促のブラッシュアップに一日の長があるAがやはり有利なわけです。

 ネットショップBだけではなく、ネットショップC、ネットショップD、ネットショップE・・というように、同時多発的に成功事例を真似るネットショップが現れたとしても、お客様はAでもBでもCでもDでもEでも購入できる状態です。やっぱりお客様が選ぶのはAになってしまいます。

 近しい友人に「実はここだけの話・・」と聞いたような「クローズ事例」ならばまだしも、大規模なセミナーで話されていることや、WEB上に出てしまっている「オープン事例」に関しては、真似ること自体がすでに危険であるわけです。

 ネットショップの世界では「成功事例」は他店にとって「即失敗事例」になりえる、ということなんですね。

大切なのは自社なりの「原理原則」を固めていくこと

 セミナーであったり、本であったり、WEBサイトからの情報でおさえておきたいのはあくまで「デジタルマーケティングの原理原則」ではないでしょうか。具体事例や小手先のテクニック、ちょっとした裏ワザはすぐに標準化され「即失敗事例化」します。どこに判断の軸を持って日々の改善の選択をしていくか、自社なりの「原理原則」を固めていくと良いと思うんですね。

 セミナー等での事例から読み取りたいのもここです。このネットショップはどんな考え方を軸にしているか、何を考えてそのような行動を取ったか。「ハロウィン企画が成功したらしい。じゃあウチもハロウィン企画をやろう」というような上辺の情報ではなく、その土台にあるセオリーを感じられると、より自社のネットショップ運営に活きるのではないでしょうか。

 そして事例からネットショップのセオリーを感じ取りたいならば、自分もネットショップの運営をしっかりやらなければいけません。「やってない人間」が「やっている人間」の気持ちはわからないわけです。具体事例を聞いてから実行するのではなく、実行してから具体事例を聞きにいくというサイクルをつくれると良いかもしれませんね。

 詰まるところ、ネットショップの成功事例はやっぱり自分たち自身で作らなければいけないということなのです。

1コメント

Comments are closed.