著者:石田 麻琴

「ビッグバーZホワイト」を買い占めたのは、私です。 【no.0129】

(2014年1月のリライト)

 「ビッグバーZホワイト」って知っていますか?

 たべっこどうぶつで有名なギンビスが出している、お菓子なんですが、これ(自分的に)めちゃくちゃうまいんですよ。いまはもう他のお菓子にハマってしまって全然食べてないんですけど、去年の9月に自宅近くのデイリーヤマザキで発見してから、すっかり虜になってしまいました。

 ほぼ毎日デイリーヤマザキに通って、1日1本買って食べていたんですね。そうしたら、デイリーヤマザキで売り切れになっちゃったんですよ。これは困ったなぁと思っていたら、最寄のサンクスでも販売していることがわかったんですね。これも、毎日1日1本と決めて買っていたら、半月ほどで売り切れになっちゃいました。

*「ビッグバーZホワイト」ジプシーの私

 ここから、私の「ビッグバーZホワイト」を探すジプシーの旅が始まりました。デイリーヤマザキ、サンクス、セブンイレブン、ローソン、ファミマ、スリーエフ、別のセブン、別のローソン。スーパーも、ライフ、コモディイイダ、マルエツ、コープ。ドラッグストアも、マツモトキヨシ、パパス。時には自転車を走らせ、2本3本、そして5本と、時に買いだめもしながら、「ビッグバーZホワイト」を消費していきました。

 その結果、何が起こったか・・私は、「ビッグバーZホワイト」に飽きた

 私が買い占めに走った、北区・板橋区・豊島区にわたる15以上のお店が、その後「ビッグバーZホワイト」を入荷したのか否か、私は知らない。おそらく、「ビッグバーZホワイト」の在庫切れにより、発注したお店もいくつかあると思うけども、たぶん在庫は残っているでしょうね。なぜなら、売上をつくっていたのは、実はたった1人だったから。そして、その超ヘビーユーザーがいなくなってしまったのだから

*実店舗だとデータで判断ができないこと

 このように、実店舗は、「ビッグバーZホワイト」が10本売れたとしても、10人のお客様が1本ずつ「ビッグバーZホワイト」を買って、結果10本が売れたのか、1人のお客様が10回にわたって来店し、1本ずつ購入して、結果10本売れたのか、それをデータとして判断することが基本的にはできません。

 もし、10人のお客様が1本ずつ買っていたとするなら、「ビッグバーZホワイト」を追加で10本を仕入れたとしても、これは比較的安心な発注ですよね。もし仮に、10人のうちの1人が買わなくなったとしても、9本は売れるのだから。でも、1人のお客様が10回にわたって1本ずつ買った場合、これ、その1人(つまり、去年の私)が買わなくなってしまったら、10本、全部在庫になっちゃうわけですよね。

 商品を仕入れている小売り同様に、製造しているメーカーも、どれくらいの数、商品をつくるかは非常に難しい選択だと思うんだけれども、100人が1コずつ買っている商品であれば、1人が買わなくなっても99コ商品をつくることが必要だし、10人が10コずつ買っている商品であれば、1人が買わなくなれば製造は90コで済むわけです。ここを「定量的」にマーケティングできていないと、90コだけ必要なのに99コを作りつづけることになっちゃうんだけど、やっぱり実店舗じゃデータが取れないんですよね。

*ネットを介することでお客様の行動がデータになる

 これって、デジタルマーケティングなら簡単にできることです。インターネットを介することで、お客様の行動すべてがマーケティング化される、というわけです。リアルビジネスが、必ずネットをやらなければいけない理由がここにあります

 10人が10コずつ買っている商品で、1人が買わなくなったら90コ、2人なら80コ、5人なら50コの商品を用意するはずで良いはずです。顧客データが取れていないと、99コ、98コ、95コというように商品を減らしていくことになってしまいます。これじゃあ、勝負の行く末は歴然です。インターネットを介し、データを活用することによって、「顧客主導」のデータマーケティングが求められる時代になっている、ということでしょう。

2 コメント

  1. オムニチャネルは、「顧客主導」のマーケティングへの転換です。【no.0300】

    […] ・「ビッグバーZホワイト」を買い占めたのは、私です。 【no.0129】 http://www.ecmj.co.jp/?p=1697 […]

Comments are closed.