著者:石田 麻琴

決められる立場の人間が「いい思い」をするのは、一番最後。【no.0189】

 まずは、とある方から聞いた話を。

*管理職が参加者を決める海外研修

 その会社は、毎年、海外での研修を企画していたんですよね。その研修に参加できる人の数は決まっていて、毎年、社内から4-5名が選ばれていたらしいです。研修といっても、フリーの時間も多く、いくつかの会社を回って知見を得て、あとはみんなで観光、といったものなんですね。当然、社内のみんなが行きたいわけです。毎度、研修の応募をするのですが、大体の人が行けない。というか、平社員は行けない。なぜかというと、管理職の人がその研修に行ってしまうから、らしいんですね。じゃあ、なぜ、管理職の人だけが、その研修に行くことができるのか。それは、研修に行く人を「管理職の人が決めている」からだったんですね。

 それで、その人が会社の代表に就任したときに決めたらしいんです。毎年の海外の研修に行く人間は、管理職の人間が決めるが、自分にしてはいけないと。管理職の人はみんな「えーー!」ですよ。組織の中には、やっと管理職になった人がいて、やっと自分で研修に行ける人を選べるようになって、つまり、自分を研修のメンバーに選べることになったわけなんですけど、いきなり会社の規定で、自分自身を選ぶことができなくなって、「えーー!マジかよーー!」ってなったわけです。

*「決められる立場の人間が、自分に決める」こと

 では、なんで、管理職の人が自分自身を選べないようにしたかって話です。管理職に昇格する人ですから、実力がある人だし、実績もある人だし、会社への貢献度も大きいはずです。だから、当然、選ばれる対象というか、「より選ばれるべき」対象ではあるわけです。でも、「決められる立場の人間が、自分に決める」ということでは、部下の人間が納得するのか、という話なんですね。いかに、自分が選ばれるべき理由があったとしても、選ぶ権利をもった人間が自分を選ぶというのは、部下にとって、頭では納得ができても、腹の底から納得できることではないですよね、ってことです。だからこそ、自分自身を選べないように、社内の規定を変えたわけです。

 決められる立場の人間が「いい思い」をするのは、一番最後でなくてはいけないってことです。たとえば経営者も、創業当時からずっと借金をしていたり、毎日食うのも苦労したりして頑張ってきたとか、社員が全員反対したけど自分の英断があって今の事業が成功しているとか、スタッフからいつも不平不満の直メールがきているけどなだめ続けているとか、様々な事情はあるだろうけれども、経営者は「決められる立場」なのだから、自分が潤うのはスタッフの後、最後であるべきです。マネージャーも同様。給与とか、ボーナスとか、経費とか含めて。どんな理由はあろうと、権限を持つものが自分を優先してはいけない。それが、人の上に立つ者の宿命だと思うしかないです。

*上場後のベテランスタッフからの指摘

 これに近い話、でもないですが、もうひとつ。上場を経験した方の話です。

 苦労して苦労して、やっと上場されたんですね。上場時に少し株を手放したら、億の金額が口座に振り込まれてきた。今までお金に苦労してきたのに、いきなり通帳に9桁の数字が並んでるわけですね。毎週の営業会議、これまでは1つ1つの仕事が大事な仕事、経営者の人生に関わる仕事だったんですが、億のお金を手にしたら、どこか周りに雰囲気が出てしまったらしいんですね。そうしたら、ずっと働いてくれている女性のスタッフがそれを感じ取って、「あなたは上場して良かったかもしれませんが、私たちは今までと同様、目の前の課題を解決するために必死になっています。悪影響になるから、もうミーティングに出ないでください」って言ったらしいんですよね。それで、この方ははっと目が覚め、「上司とはどうあるべきか」を深く考えたといいます。

 このふたつの話を聞いて、どう思いますか?