著者:石田 麻琴

競合分析の習慣をつける具体的な方法。【no.0242】

 WEBサイトを運営していると、どうしても自社の戦略ばかりを考えてしまいがちです。同じ商材やサービスを扱う競合のWEBサイトをチェックする「競合分析」が重要だとはわかっていても、自社の改善に時間を割いてしまうことが多いと思います。

 競合分析もデータ分析と同様に、「流れを見続ける」ことが大切です。定期的に同条件でのチェックを行うことで、競合のWEBサイトがどのように変化しているかを知ることができます。気になったときにやる、時間が空いたらやる、思いついたときにやる、というようなことは避けたいわけです。もちろん、やっていないより少なからずやっている方が良いですが、流れが見えないチェックは薄い成果しか得られません。ここでは、定期的な分析の習慣をつける方法を考えてみましょう。

1.お客様になってしまう。

 もっとも簡単な方法は、自分自身がお客様になってサービスを体感することです。競合のWEBサイトのお客様になってしまい、新作アイテムを購入する。販促企画に乗ってみる。自分自身がお客様のひとりになってサービスを体感すれば、競合が「何をやっているか」だけではなく「何が面白いのか」もわかると思います。自社のサービスとの比較にもなるはずです。ただし、この「お客様になる」という方法は、自分自身がお客様になりたいと思う競合のみで使うことが可能です。興味があるところ限定ということにはなりますが、1つの競合だけでもしっかり見ることができれば、分析としては十分な価値があると思います。

2.ブラウザの設定を変える。

 実践的な話です。競合のWEBサイトをブラウザでブックマーク(お気に入り)登録している人は多いと思います。とはいえ、ブックマークをしてもそれっきりになってしまい、ほとんどチェックをしないままになってしまう、ここが問題なわけですよね。そこで具体的な方法です。ブックマークに競合サイトのファビコンだけを表示させるように設定を変え(つまり、タイトルを一切表示させないようにする)、ファビコンをブックマークバーにできるだけ載せるようにします。ブックマークバーの左から重要な競合サイト順にファビコンを並べます。毎朝、パソコンを開いた直後に、ブックマークバーを左から順番に開いていけば、簡単に全ての競合サイトをチェックすることができるわけです。いちいちブックマークから競合のネットショップを探したり、検索をかけて探したりしなくていいので楽です。競合調査の習慣化のハードルをグッと下げます。

3.ミーティングの内容に盛り込む。

 現実的な方法としては、ミーティングの中に競合分析を盛り込む、というところかと思います。定期的に開催している販売戦略系のミーティングに入れ込んでしまうのが良いですね。もちろん、競合分析を別のミーティングとして時間を取って開催できるなら、より高い効果が望めます。ミーティングの時間は15分~30分程度で良いと思います。ミーティングの中に入れ込む場合は、15分~20分。別のミーティングとして設定する場合は30分でしょうか。あまり時間が長くても仕方がないので、1つのミーティングで自社の事業に生かせるところを1つ発見すれば良いと思います。こちらも、時間が余ったらやる、競合に異変が起こったらやる、などではなくて、まず「ミーティングの最後に15分間、競合のネットショップについて話す」などというように「型」を決めて、定期的に同条件で分析を行っていってください。

 では次回は、競合分析のミーティングをどうやって進めていくのかを具体的に考えていきたいと思います。ポイントは「原因」と「結果」を考える、です。

 つづきはこちら