著者:石田 麻琴

試練が起きるのは、運が悪いんじゃなくて、運がいいんです。【no.0199】

 なんか手前味噌の話になっちゃいそうなんで、先に謝っておきます。すいません・・

*小学校のときの「縦割り班」という企画

 小学校のとき、なので、もう25年以上前の話なんですが、「縦割り班」っていう企画があったんですね。どこの小学校でもあったイベントかもしれないので、もしかしたら知っている方もいるかもしれません。

 通常、小学6年生は同い年どうしで勉強して、運動して、一緒に昼ごはんを食べると思うんですが、縦割り班では、1年生から1人、2年生から1人、3年生から1人、4年生から1人、5年生から1人、6年生から1人の6人でランダムなひとつの班をつくって、ランダムな教室で、ランダムな先生が面倒を見ながら、行事に参加したり、昼ごはんを食べたりするんですね。まあ、縦の繋がりというか、知らない同士が仲良くなるとか、上級生が下級生の面倒をしっかり見るとか、そういう教育的な意義を求めての企画だったのだと思います。

 私の場合は、4年3組かなんかの教室に行って、全然知らない子たちと班をつくって、たしか班の名前が「ぬーぼー」だったと思います。班の旗とか作った記憶あるな。ぬーぼーの画を書いて。(ちなみに地獄先生の方ではない。お菓子の方。まーしーの方です)

*「俺、ツイてないなぁー」と思ったのだけれど・・

 で、ですね。6年生、最上級生のときの縦割り班です。私の班に、ちょっとした問題児がいたんですよ。全学年で有名な。4年生の子で、しかも中国人の子だったから、日本語もあまり話せなくて。だから、私の班は、実は7人だったんです。その問題児の子の、クラスで一番仲がいい子が班にいて、多少コミュニケーションとりやすいように。しかも、担当の先生も、その子の担任の宍戸先生(素晴らしい方だった)で、使用するクラスも、その子の4年3組のクラスだったんですね。

 つまり、その子が、縦割り班のイベントにきちんと参加できるように、本来の縦割り班の意義からは少し外れるけれども、体制をつくっていたわけなんですね。そこに割り振られた6年生が、私だったわけです。やっぱり6年生なので自分がリードしていかなきゃいけない、自覚もあったし、自分の担任の先生からも依頼がきているわけです。「石田君、仲良く楽しくね」と。なので、きちんと役割をはたして、最後の方は少しコミュニケーションも取れるようになって、仲良くなれたんですが、隣の班を見るとみんなワイワイやってる。でも、私の班は常に先生ががっちりガードしているわけ。私の中にはどこかね、「あー、俺、ツイてないなぁー」みたいなのがありました。正直な話。

*自分が知らないだけで必ずポジティブな理由がある

 同じ小学校で、いまでもよく遊んでいる親友が中学校の教師やってるんですけど、最近ね、そのことを話したんですよ。「縦割り班で、俺だけそんな子に当たっちゃって、あのとき参ったなー」と。別にその子を悪く言っているわけじゃなくて、私に当たる確率ってすごくね、という意味で。そしたらね、彼が私にとって意外なこと言ったんです。

 「いや、それは、先生方、確実にマコ(石田のこと)を選んだでしょ。6年生の100人の中で、マコを信用していたからその子の班に当てたはずだ」って。なんか、それを言われた瞬間に、そうなのか先生が評価してくれてたのか、と心が洗われてしまって、なぜか泣いてしまったんですね。酔っぱらってたのもあると思うんですが。

 それで思ったんだけれど、自分がつまらないと思うこと、面倒だと思うこと、つらいと思うこと、あるじゃないですか。当時の私がまさにそうだったわけですけど、それって実は誰かに作用されてることなんじゃないかと思うんですね。ちょうど、先生方が私を選んだように、単に自分が知らないだけで。そして、そこには必ずポジティブな理由がある。試練って、実はポジティブだから故に起こることかもしれない。ひと言でいえば、「神様は見ている」それだけなんです。実は先生方が決めていたように、きっと神様が人をみて決めているんだろうと。

1コメント

Comments are closed.