著者:石田 麻琴

着物レンタル(着物体験)は実は意外と儲かっている!?【no.1532】

 先日、顧問先の担当さんとお昼ご飯を食べているとき、着物レンタル(着物体験)の話になりました。どうやら浅草で新規の出店が相次いでいるらしいのです。

*着物レンタル(着物体験)とは何か

 着物レンタル(着物体験)とは外国人観光客向けのインバウンドサービスのひとつ。着物を着て浅草を観光しよう!みたいな、着物のレンタルと着付けをやってくれるサービスです。ネットで調べたところ「着物体験」という表現をするのが主流のようです。

 おそらく世界中からやってくる外国人観光客のみなさんに「着物着てみたい!」みたいなニーズがあって、特に浅草は外国人観光客が集まる街ですから、よりニーズが強いのだと思います。浅草駅の周りだけでも何店舗かあるようで、その担当さんと「あれって儲かるんですかね?」みたいな話になりました。

*女性4,000円~、男性3,000円~、その他には

 「あれって1回どれくらいの金額するんですかね」なんてお昼を食べながらしていたら、ちょうどいい具合に食事をしている中華料理屋さんにチラシがおいてありました。きっと提携をしているのだと思いますが、チラシに書いてあったのは「女性4,000円~、男性3,000円~」これが基本料金。おそらく相場なのだと思われます。

 この基本料金に付与されるのがオプションです。着物レンタル(着物体験)のWEBサイトを覗いてみたのですが、「髪型のセット」「荷物の預かり」「写真撮影」「小物」なんていうオプションがあるようです。「荷物の預かり」を無料サービスにしているお店なんかもあったりして、大荷物になってしまいがちな外国人観光客のツボをよくついているなと感心します。

*月商でどれくらいの売上になるのか

 あくまでこれまでの経験からの推測ですが、着物レンタル(着物体験)の客単価は5,500円前後なのではないかと考えます。大多数のお客様が注文するだろう基本料金のベースの4,000円を1.3~1.4倍にした金額ですね。ネットショップの客単価もだいたいこれくらいになるのが普通です。ベースになる商品単価の1.5倍以内ですね。

 あとは客数の予測がつけば月商がわかります。外国人観光客向けだとすると、ひとりで着物レンタル(着物体験)を利用する方は少なそうです。1組2人以上が通常になるとおもわれます。当然、4人5人という大人数の組もあるでしょうから、ひと組あたりの単価は15,000円ほどでしょうか。1日でどれくらいの組数が入るのかは全く予想がつきません。

*月商から逆算するとどれくらい利益が残るか

 仮に1店舗の月商が300万円だとします。1か月の営業日が25日(週1回休み)として、日商が12万円。ひと組あたりの想定売上15,000円で割ると、8組でしょうか。休日ならともかくとして平日で8組は少し多い気がします。ただ外国人観光客に平日も休日もないでしょうからわかりませんね。

 利益を計算するために経費を考えてみます。店舗の家賃と人件費、ここは外せないところです。浅草ということもあり店舗の家賃はそれなりに高そうですが、簡単な着付けならばパートさんやアルバイトさんでも学ぶことができそうです。

 あとはレンタルする着物や小物の消耗サイクルです。必ずしも新品を用意しなければいけないわけでもないですし、状態が良ければ中古品でも問題ありません。初期の段階で用意する枚数分、投資がかかりますが、クリーニング次第で消耗サイクルは長いのではと思いました。

*着物レンタル(着物体験)以外のレンタルは可能なのか

 商売としてポイントは商圏が狭いことでしょうか。着物を着て街を歩こう!という商売が成り立つのは浅草と京都くらいかもしれません。どうしても商売ができる土地とできない土地が決まってきそうです。ただ、ちょっと発想を変えれば「日本文化のコスプレ」なのですから、セーラー服とかアニメのキャラクターとかゲームのキャラクターとか他のものでも全然いけちゃうのかもしれませんね。秋葉原さん池袋さんいかがでしょうか。