著者:石田 麻琴

仕事は依頼がきた時点で「できる」【no.1637】

 わからないことって、わからないと思うんですよね。だからわからないことを考え続けたって仕方がなくて、どこかで調べて改めて考え直したり、誰かに聞くしかない。調べることも誰かに聞くこともできないならば「それが今の自分の実力だ」と思ってアウトプットの要求レベルを下げるか、もしくは諦めるしかない。

 あまり良くないなーと思うのは、わからないのに頑張って考え続けることで、一見するとそれは美徳のように感じてしまうんだけれども、頑張って考え続けることによる時間のロスとか判断の遅れとかを考慮すると、決していいことではなかったりする。場合によっては、自分以外の他人(仲間や同僚、取引先)に迷惑をかけてしまう場合もあるんですね。

*自分がイメージできない仕事に出会った場合

 仕事って必ずしも同じ条件ってことはなくて、同じ業界や同じ商材でもお客様が違って会社が違って理念やフィロソフィーが違えば、いままでと同じことをやればOKなんてことはないですよね。もし仮に過去とまったく同じ条件のお客様からの仕事の依頼があったとしても、時間は経っている(=市場は動いている)わけですから、やっぱり必ずしも同じ条件にはならないわけです。

 過去の仕事とちょっと違う。くらいならば調整は可能だとしても、いままでに出会ったことがないような仕事の依頼がくることがあります。まあ弊社ECMJでも「えー、そんな感じの仕事ってやったことないなぁ」みたいな仕事の依頼がくることがあります。ここで「断る」という判断もあると思うんですが、「えー、ちょっと違うかなぁー」と思うのは多くの場合イメージができない仕事に出会った不安からくる「感情的」なものであって、冷静に一歩引いて「理論的」に考えてみるのが良いと思うんですね。

*お客様からみえている自社は自分とは異なる

 まず経験上なんですが、自社的に「えー、そんな感じの仕事ってウチの守備範囲じゃない気がするんだなー」という今までなかったイメージできない仕事も、実は自社のソリューションで対応ができる仕事だったります。どんな会社さんに依頼しても良い仕事はともかくとして、ある程度専門性のある仕事ならばお客様はあなたの会社(自社のこと)の「活かせる部分」をどこかに見つけて仕事の依頼をしているはずなんですね。そもそもそれがなければ依頼してはこないですよね。

 大切なのはお客様があなたの会社(自社のこと)のどこを「活かせる部分」として見てくれているかで、実はそこがあなたの会社(自社のこと)にお客様が感じている魅力や特徴だったりもするんですね。だから、このお客様的に「活かせる部分」が何かを素直に聞く・知ることが大切。イメージができない部分は周りの知っていそうな人に聞いたり、ブレーンを立てたりして補えばいいのです。お客様は意外と気にしてなかったりします。魅力として見ている部分は別のところなので。

*イメージできない仕事の依頼はやってみる、が

 仕事の取捨選択の基準があるとするならば、自分がイメージできない仕事の依頼は受けてみることかなと思います。依頼主はどこか良い部分をみていて、足りない部分を補えば成果がでると思っています。イメージできない部分は周りのわかっていそうな人に聞いたり、改めて調べてみたりする。依頼をしてくれたお客様に聞いてしまうのもアリだと思います。

 逆に受けない仕事の依頼パターンがあるとすれば、会社の理念に反するような仕事と自社以外のどこでもできるような仕事、価格的条件が厳しい仕事になるのではないでしょうか。まあここは依頼主の方との関係性とか熱意とか忖度とか人間的な要素がいろいろ絡みそうですが、とにかく「来た仕事」は基本的に「応えられる」と考えた方がいいですね。「結果、幅が広がって良かった」になると思います。