成果に繋げるためのマーケティングツール活用。その1【no.1640】

 日々素晴らしいソリューションツールが生まれています。私たちが知らない間に世界中でマーケティングツールが生まれ、日の目をみるものがあれば日の目を見ずに消えていってしまうものもあります。

 この数年のトレンドでは、AI・ディープラーニング・ビッグデータ・BIツール・マーケティングオートメーションなどのマーケティングツール(マーケティング用語)がありますが、すべて行き着くのは「データ」です。

 いままで感覚的でしか判断されなかったものがデータ化され、そのデータを調整することで成果に結びつけていく、これがデジタルマーケティングの流れです。なのでディープラーニングもマーケティングオートメーションも根本は一緒なんですね。Eコマースであれば楽天市場のアクセス解析もYahoo!ショッピングの統計情報もGoogleアナリティクスも一緒です。

 ただAIの仕組みを取り入れたとしても、BIツールを導入したとしても、楽天市場に出店したとしても、それだけで自社の数字(売上)に繋がっていくかというとそうではないですよね。日々新しいソリューションが生まれ、世の中には素晴らしいツールがたくさんあります。でも「ツールの導入=成果」にはなりません。どんなツールにも「ツールの導入=成果(ただし●●●●)」という「(ただし●●●●)」この注意書きが入っています。

 この注意書きは何か。「ただし、あなたの会社のスタッフがこのツールを活用できれば」という注意書きです。マーケティングツールの有用性ではなく、それを活用する人間こそが「成果に繋がるか、否か」を左右しています。考えてみれば、当たり前のことですよね。

*マーケティングのPDCAと新しいOODA

 PDCAサイクルをご存知の方は多いと思います。マーケティングのもっともスタンダードな考え方のひとつで、「P=Plan(計画・戦略)」「D=Do(実行・行動)」「C=Check(評価)」「A=Act(改善)」の4つを回すことでより成果に繋がるマーケティング活動をおこないましょうという理論です。このあたり、私の説明も若干下手な感じもしますが、皆さんの方が詳しいかと思います。

 最近ではPDCAとともにOODAという言葉も露出し始めています。「O=Observe(観察)」「O=Orient(方向付け)」「D=Decide(判断)」「A=Act(行動)」という4つでのマーケティング活動の整理です。OODAの考え方は迅速な判断と実行、スピード感を重視しているようなのですが、PDCAの中における「C=Check(評価)」「A=Act(改善)」の要素が含まれていないので、イメージとしてはPDCAの「D=Do(実行・行動)」部分の詳細に近い感じもします。

 PDCAとOODA、どちらが正しいというわけではなく、マーケティング活動を進めるときにはどちらの考え方も必要になります。ただコンピューター、デバイス、通信の発達や時代性を考慮すると、OODAを特に重視した方がいいね、ということかもしれません。逆にそこまで重視しなくても良い点としては「P=Plan(計画・戦略)」この部分。スピード重視のマーケティング、データドリブンのマーケティングでは重要性が低くなります。

 実際のPDCAサイクルでも、PDCAの後はDCA、DCA、DCA、DCA、PDCA、DCA、DCA・・と回っていきますね。

*PDCAとマーケティングツールの関係性

 PDCAサイクルの中でマーケティングツールがおもに果たしている役割は「C=Check(評価)」です。戦略があり実行があり、その実行をマーケティングツールで評価して、仮説を立て次の改善策を考えていきます。AIやマーケティングオートメーションにおいては、DとCが繋がっていたり、CとAが繋がっていたりするのですが、新しい施策の付与やデータの追加など、まったく人が介在しないということはありません。

 その精度や機能性、有用性が十分だとしても先に書いたとおり「ただし、あなたの会社のスタッフがこのツールを活用できれば」という注意書きがつきます。大切なのは自社のPDCAの中でマーケティングツールをどう「役立たせるか」を考えることです。できればマーケティングツールを導入する前に考えておきたいことでもあります。