著者:石田 麻琴

成果に繋げるためのマーケティングツール活用。その2【no.1641】

 成果に繋げるためのマーケティングツール活用。第二回目です。

 前回はいずれのマーケティングツールにも「ツールの導入=成果」ではなく、「ただし、あなたの会社のスタッフがこのツールを活用できれば」という注意書きが必ず入ること、マーケティングのPDCAサイクルとOODAの違いと共通点、PDCAとマーケティングツールの関係性について説明をしました。

*現状把握のデータ活用と成果検証のデータ活用

 データ活用にはふたつの種類があります。現状把握のデータ活用と成果検証のデータ活用です。

 現状把握のデータ活用は、自社のビジネスにおける健康診断のようなものです。健康診断では体重はいくつなのか、体格指数(BMI)の値はいくつなのか、腹囲(ウエスト)はいくつなのか他、血圧や血液検査の数値などを知ることができます。これと同様、マーケティングツールで集計したデータを見ることで、自社のリピート率や客単価、問い合わせ数と成約率、商品カテゴリ別のセグメンテーションデータなどを見ることができます。これによって現状のビジネスを健康診断のように数値で表すことができます。これが「現状把握のデータ活用」です。

 もうひとつ、ポイントになるのは成果検証のデータ活用です。健康診断をおこなったとき、たとえば体格指数(BMI)が25.0を超えていたとしましょう。ちなみにBMI値は「体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出します。BMI値が25.0以上になると「肥満」という扱いになり、要注意ということになります。ちなみに、悲しいですが私も要注意に入ってしまっています(泣)。ということで、体質改善をしましょうということになるのですが、その体質改善の成果を検証するのも同じようにデータでおこなうことになります。

*仮説を立て、実行し、データで検証をする

 BMI値を下げるためには基本的には体重を減らすしかありません。計算式上では身長の数字が上がればBMI値は下がっていくのですが、ある程度大人になってしまうと身長は伸びなくなってしまうので、身長の数字を上げることが不可能になります。ってそうですよね。やっぱり体重を減らすしかないわけです。

 体重を減らす方法というのはご存知のとおりシンプルで、「入り(食べる)を少なくして、出(運動・筋トレなど)を増やす」ことで実現することができます。じゃあ、まずは身体を動かすところから始めてみようとなるんですね。ウォーキングとランニングと筋トレのどれをやった方がいいのだろうか、まずは1日1時間のウォーキングから始めてみようとなります。これがあくまでの「仮説」です。1日1時間のウォーキングで体重が落ちるのではないかという仮説ですね。

 実際に1日に1時間のウォーキングを1ヵ月続けてみる。食事の制限は特にせず、いままで同じような食生活を続けてみる。そして1ヵ月後に同じように健康診断を受けてみてBMI値が25.0から減ったのか否か、そしてどれくらい減ったのかを成果検証してみるわけです。まあ、BMI値だけならばわざわざ健康診断を受けなくても計算することはできそうですが。

*成果検証のデータ活用をおこなって、次の仮説を立てる

 1ヵ月間、毎日1時間のウォーキングを続けて、仮にBMI値が23.0に下がったとします。体重が減ったということですね。このBMI値の2.0の減は毎日1時間のウォーキングという実行施策に対しての成果ということになりますね。そして次の仮説を立てます。仮説としていくつかのアイデアが浮かぶでしょう。

 たとえば、1日1時間のウォーキングではなく2時間のウォーキングにすればもっと露骨に成果が出るのではないか。1時間のウォーキングに加えて30分の筋トレを加えたらどうなるのか。はたまた1時間丸々筋トレに充てるとどうか。いっそのこと運動系はやめて、食事制限を試してみようか。周りの情報も参考にしつつ、仮説を立てて実行です。