「オペレーション効率が勝負を決める」ので要チェック!【no.1645】

 最近SNSかネットの記事を見ていたときに「オペレーション効率が勝負を決める」みたいなことを書いている方がいらっしゃってハッとしたんですね。良いアイデアとか着想とか新しさとか差別性とか違いとか、そういったものも大事ではあるんですがもっと根本の部分でオペレーション効率がめちゃくちゃ良いとそれだけで勝てたりします。

 Eコマースのマーケティング活動の中でオペレーション効率を考えた場合、特定のソリューションシステムを導入する以外にもけっこうできることがあって、オペレーション効率に対するちょっとした工夫があるかないかによって成長の上限だとかチャンスがきたときの踏み込み方が変わってしまう。結果的に売上が飛躍的に上がるかそこそこ上がるかどっちかみたいな話にもなりえるんですね。

*運営作業をするパソコンの管理

 Eコマースのコンサルティングをおこなうときに、データの分析の考え方とかデータの集計の仕方とか、商品画像の見せ方とか商品画像を見せる順番とか、既存のノウハウと商材の特徴を掛け合わせて現場のスタッフの皆さんと自社に合ったネットショップを考えていくわけなんですね。ただEコマースのノウハウを知ることよりも実は結果につながっていることがあったりもして、それはネットショップの運営作業をするパソコンだったりするんですね。

 コンサルティングを始めた最初の方でお願いすることもあるのですが、ネットショップの運営作業をしているパソコンを見せてもらったりします。まずはデスクトップ。エクセルやワード、フォルダや画像がデスクトップいっぱいに溢れかえっていることがあります。フォルダも「画像」と大きな括りで用意しているだけで頑張って探し当てないとお目当てのものが見つからない、みたいな。ダウンロードした資料を見つけるのが大変とかだと末期です。

*ブックマークの使い方やショートカットキー

 パソコンの管理は業務スピードに大きく関わっています。デスクトップがぐちゃぐちゃだと大体業務スピードが遅くなりますし、傾向として業務量も少なくなります。業務スピードが遅い分業務量が少なくなるんじゃなくて、なぜか両方とも減っちゃうんですよね。1/2と1/2を掛け算して1/4になっているようなイメージです。

 ブックマークやショートカットキーの活用も業務スピードを上げていきます。よく活用する管理画面などをブックマークしていないのは時間がもったいないです。ブックマークの登録をファビコンだけにすればブラウザにずらっとブックマークが並んでとても効率的です。「コピー&ペースト」などはいちいち「右クリック&選択」をするのではなく「Ctrl+C&Ctrl+V」のショートカットキーを使いましょう。連発するときのスピードが全く違います。マウスジェスチャー機能を使うのもアリです。

*定期的にオペレーション効率を考える時間をつくる

 「これ、毎回同じことやってるなぁ」と思っても、業務中の場ではテンプレの作成とかフォルダの整理とかをせず進めてしまうことが多いと思います。そしてそれを何度も繰り返してしまうという。週に1回でも隔週に1回でも良いので、定期的にオペレーション効率を考え作業する時間を持つことが大切です。またスタッフ同士集まる機会をつくって各々のオペレーション効率を上げるノウハウを共有すること。

 エクセルやワードの使い方、マニュアル化とテンプレート化、ソリューションシステムの活用もオペレーション効率に大きく関わってきます。それを考えるのもアリですが、まずは「頭を使って、知恵を振り絞って」オペレーション効率を上げる方法を考えてみてください。自社なりのノウハウをつくることができれば、それも「陰の強み」になるはずです。