著者:石田 麻琴

「デジタルマーケティング」とは「デジタル」+「マーケティング」【no.1747】

 インターネットマーケティング、デジタルマーケティング・・他にも「●●●●マーケティング」みたいな言葉があると思います。少し前に同業の仲間と話に上がったのは「●●●●マーケティングって、そもそものマーケティングを●●●●にのせただけなんだよね」という話でした。とても重要な視点かもしれません。

*デジタルマーケティングは「魔法の杖?」

 デジタルマーケティングというと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。AIを使ったマーケティングでしょうか。MA(マーケティングオートメーション)を使ったマーケティングでしょうか。それともCRMを使ったマーケティングでしょうか。インターネットだってデジタルのツールのひとつですし、ネットショップもデジタルのツールのひとつです。

 ここでよくあるのが「デジタルマーケティングのツールを導入すると何かが起こる」という勘違いです。MAのシステムを導入すればお客様を自動で接客し、営業ができるまであたためてくれる。CRMのシステムを導入すればデータが集計され、社内の営業の情報を誰もが閲覧できるようになる。ネットショップのシステムを導入すれば、日本中いや世界中から注文が集まってくる。

 必ずしも間違っていない部分もありますが、「システムを導入しただけで成果が出る」なんてことはありえないわけです。だって、塾に入ったから必ず志望校に合格できる、わけじゃないですもんね。

*デジタルマーケティングとは「デジタル+マーケティング」

 ここで冒頭の話に戻ります。「デジタルマーケティング」とは「デジタル」と「マーケティング」を足した言葉なのです。「デジタルマーケティング」とひと括りにしないことが肝心です。ひと括りにすると、さも「マーケティングが新しくなったもの」という印象がついてしまいます。「インターネットマーケティング」も同様です。「インターネットマーケティング」は「インターネット」と「マーケティング」を足した言葉なのです。

 だから「デジタルマーケティング」とは、「マーケティング」を「デジタル」にしたもの。しかも「デジタル化」されるのは、マーケティングの中の「一部」です。インターネットを経由してアプローチすることができる部分や、データ化して集計をすることができる部分です。たとえば、新聞の折り込みチラシはデジタルにはなりません。折り込みチラシのままです。ただ、インターネット上に折り込みチラシの「WEB版PDF」を載せることができます。そんな感じです。

*大切なのはそもそもの「マーケティング」があるか否か

 「デジタルマーケティング」とは「デジタル」と「マーケティング」を合わせた言葉です。そして「マーケティング」の一部を「デジタル化」したものが「デジタルマーケティング」です。ということは、そもそもの「マーケティング」がなければ、「デジタルマーケティング」は成り立たないということになります。

 AIを導入したいと考えている会社さん、MAを導入したいと考えている会社さん、CRMを導入したいと考えている会社さん、ツールを導入するだけでは「デジタル」だけです。もしかしたらツールを導入した後に「マーケティング」が必要だったことに気づいた会社さんもあるかもしれません。しかし困ったことに、「デジタル」はツールを導入すれば実現することができますが、「マーケティング」は自社の中で整理し考えていかなければいけないのです。

 ECMJのコンサルティングはそもそもの「自社のマーケティング活動」を整理し、一枚の図にするところから戦略をスタートしていきます。チームメンバー全員で確認をしながら、着実に整理を進めて新しいマーケティングのスタートラインに立ちます。ご興味がございましたらぜひお問い合わせください。お待ちしています。