著者:石田 麻琴

デジタルトランスフォーメーションは「自社」が試されている【no.1750】

 先日、ECMJが顧問をさせてもらっているNEC社からお誘いがあり、「NEC×tableau×Amazon(AWS)」のセミナーに伺った。

*締めの挨拶でNEC社の担当さんが話したこと

 13時から15時45分まで、2時間半強のセミナーが終わった後、主催であるNEC社の担当さんが話したことが印象的だった。

「私はAmazonのAWSさんと長くお付き合いしてきて、いままで様々なセミナーでご一緒してきました。ただ、今回がいままでで一番システムや機能の話が出なかったセミナーだったと思う。もしかしたらコンセプトやお客様に提供する価値を伝えるのが大切であって、システムや機能の話を改めてセミナーで話すのはすでに野暮であるのかもしれない」

 NEC社はこんな話をしていた。確かに、この「NEC×tableau×Amazon(AWS)」のセミナーはシステムや機能の話ではなく、「お客様の課題解決」に対してどんなスタンスでアプローチしているか、NEC社・tableau社・Amazon社、3社ともシステムや機能の紹介にスポットを当ててはいなかった。

*システムや機能の紹介ではなく、3社が話していたこと

 逆にシステムや機能の紹介ではなく、3社が各々重点を置いて話していたことは何か。

 ひとつは「データ活用の本質」。これはNEC社とECMJが作成した「マーケティング分析スターターパック」でもメインのテーマにしているように、「マーケティングツールが何かを解決してくれるのではなく、マーケティングツールを活用して目的を解決する」ということを伝えてくれていたように感じる。

 そしてもうひとつ、ここが印象的だったのだが「いかに社内にマーケティングツールの導入・活用を浸透させていくか」ということ。「このツールはいいよ」「このツールは便利だよ」「このツールは売上に繋がるよ」ということだけではなく、「現実的に社内に浸透させる場合、ハードルになる可能性はどこにあるのか」ここに言及をしていた。

 NEC社のコンサルティング事例しかり、tableau社のブループリントしかり、Amazon社のAWSの進化の話しかり。すべてのセミナーに参加できているわけではないのでわからない点も多いが、デジタルトランスフォーメーション(DX/デジタル化)がより本質的な課題に近づいてきたということなのだろうと思う。そう、ソリューションは導入するだけでは何も解決しない。

*試されるのは自社。自社をどう変革できるか

 デジタルトランスフォーメーション(DX/デジタル化)とは、企業のある一部分をデジタル化することに留まらない。たとえば、いままで実店舗の営業を主軸にしてきた会社がEコマースのWEBサイトを運営する。これもひとつのデジタル化なのだが、一部分だけのデジタル化は企業のデジタルトランスフォーメーションとは言いづらい。

 実店舗とEコマースの商品情報や在庫情報や受注情報をデータ化する。そのデータをクラウド上に持たせ、インターネット含めた全店舗がリアルタイムに共有をする。また、実店舗とEコマースの顧客IDを統合し、お客様の購買行動に合わせた最適なマーケティングをおこなう。いわゆる、CRMとそれをリアル×ネットで統合した「オムニチャネル戦略」ということになる。ここまでいくと、デジタルトランスフォーメーションになる。

 このようなデジタル化を推進していくとき、ポイントになるのは「自社の全社的な課題」として取り組んでいくことができるか、になる。試されているのは「自社」なわけだ。ここはNEC社もtableau社もAmazon社も解決することはできない。

 ソリューションはある程度出尽くしている、そしていずれも有益なソリューションになる。あとは、自社の「組織・人財・文化」をいかにして変えていけるか、だ。「NEC×tableau×Amazon(AWS)」のセミナーはそんな本質的なメッセージも発信しているように感じた。