著者:石田 麻琴

「ホームページ」を6種類に分け、その活用方法を考える。前【no.1768】

(2019年9月のリライトです)

自社はインターネットを充分に活用できているか。活用目線でのホームページの評価をどう考えていけばいいかをECMJでは検討しています。

いわゆるホームページの診断や評価というと、SEO対策であったりデザインやレイアウトであったり表示スピードであったり問い合わせフォームの最適化だったりと、ホームページ上で「見える部分」かつ「ある一時点」を評価するものが多いのですが、ECMJが考えているのは「インターネットを活用するための組織体制ができているか」そこを軸にした評価です。

*評価の対象になる「ホームページ」とは

ECMJコラムであまり使っていない表現になるのですが、ここでは「ホームページ」という言葉を使いました。インターネットの世界やデジタルマーケティングの世界で長年仕事をしている人間からすると「WEBサイト」や「ウェブ」といった表現をすることが多いですが、幅広い年齢層のインターネットの一般知識を考慮したとき、「ホームページ」という言葉を使うのがもっともわかりやすく、一般的だろうと思いました。

ですから、ここでの「ホームページ」は様々な種類のWEBサイトを表します。そして「ホームページ」と評するWEBサイトを検討したところ、大きく6つの種類に分けられるのではないかと考えました。コーポレートサイト、サービスサイト、Eコマースサイト、メディアサイト、採用サイト、ブランドサイトの6つです。

*各々の「ホームページ」がもつ役割は何か

コーポレートサイト、サービスサイト、Eコマースサイト、メディアサイト、採用サイト、ブランドサイト・・この6つの言葉を聞いたときに、「うちの会社はコーポレートサイトとサービスサイトをつくっているなぁ」とか「メディアサイトと採用サイトはやっていないけれど将来的にはチャレンジしたい」などとイメージされる会社さんもいらっしゃるかと思います。

各々の「ホームページ」とその役割について考えていきます。

まずコーポレートサイトです。コーポレートはそのまま「会社」という意味です。いわゆる「会社サイト」と同じですし、「ホームページ」という言葉から最初に想像されるのはコーポレートサイトであることが多いと思います。

コーポレートサイト役割は「会社を知ってもらうこと」です。ですから、会社の情報を包括的に集約しておく必要があります。コーポレートサイトとは別にサービスサイトや採用サイトを用意しておけば、コーポレートサイトでのサービス紹介や採用情報掲載を強く押し出す必要はありません。むしろ会社の理念や沿革、経営陣の経歴など、会社そのものについての情報を充実させておくことが大切です。

次にサービスサイトです。サービスサイトの役割は会社の事業である製品や商品、ソリューションなどのサービスについてお客様に詳しく知ってもらうことです。このお客様とは「潜在顧客」「見込顧客」「新規顧客」「既存顧客」は問いません。BtoC事業の場合は消費者としてのお客様になりますし、BtoB事業の場合はサービス導入企業だけではなく協業・業務提携の企業も対象になります。

トレンドとしては1つの「ホームページ」で1つのサービスを紹介することが流行りです。「ホームページ」のデザインやレイアウトをサービスのイメージに合ったもので提案し、サービスの価値や差別性、導入事例などを充実させてお客様からのお問い合わせや資料請求につなげます。サービスサイトはいわゆる「インサイドセールス」の軸になります。

Eコマースサイトはご存知のとおりです。主に物販を中心としたインターネット上で製品・商品・サービスを販売するための「ホームページ」です。Eコマースサイトのメインの役割は売上の獲得、サブ的な役割として会員データの獲得になります。

これまでのEコマースサイトというと物販をイメージされる方が多いと思いますが、たとえばLINEの「LINEスタンプ」の販売なども立派なEコマースです。今後は物販だけではなく、電子データのEコマースもさらに市場として伸びてくるでしょう。