著者:石田 麻琴

「ホームページ」を6種類に分け、その活用方法を考える。後【no.1769】

(2019年9月のリライトです)

 自社はインターネットを充分に活用できているか。活用目線でのホームページの評価をどう考えていけばいいかをECMJでは検討しています。

 前回のECMJコラムでは、一般的に「ホームページ」として認識されている6つのWEBサイトのうち、コーポレートサイトとサービスサイト、そしてEコマースサイトの3つについて、その性質と役割を説明しました。今回はメディアサイト、採用サイト、ブランドサイトについて紹介します。

*各々の「ホームページ」がもつ役割は何か

 前回と今回のECMJコラムでは従来の「WEBサイト」という表現を、さらに一般的に浸透している「ホームページ」という言葉で表現をしています。

 4つ目に紹介するのはメディアサイトです。メディアサイトというと「Yahoo!JAPAN」や「日経電子版」といったメディアを専業とした法人が展開する「ホームページ」だけではなく、メディア専業ではない会社が運営する「オウンドメディアサイト」を展開することが一般的になりつつあります。

 メディアサイトの役割としては自社のサービスに興味を持ってもらう「潜在顧客」を集めること、もしくは「見込顧客」「新規顧客」「既存顧客」に情報提供をすることで自社をより知ってもらったり、サービスの動きを知ってもらったりすることが挙げられます。会社スタッフの意識向上や採用のためにオウンドメディアサイトを運営している会社もあります。インターネット上の広報活動のひとつにもなるのがメディアサイトです。

 最近、コーポレートサイトと分離し専門の「ホームページ」を立ち上げることが多くなっているのが採用サイトです。採用サイトの目的は当然ながら、よりたくさんの応募者を獲得すること、そしてより質の高い応募者を獲得すること、そこに尽きると思います。

 ポイントはなぜ採用サイトがコーポレートサイトと分離している流れにあるか、です。コーポレートサイトは情報集約という性質上、採用の応募者だけではなく、株主・投資家・取引先・仕入先・お客様など、様々な方が「ホームページ」を閲覧します。場合によっては応募者にとっては「専門用語ばかりでわかりづらい」ホームページにもなりがちです。

 応募者が減っていること、より質の高い応募者の取り合いになっていることなど、時代的な背景も後押しして、採用応募者向けに情報を整理した採用専門の「ホームページ」を立ち上げるところが増えているのです。「対象」を明確にした「ホームページ」の種類の典型例ともいえます。

 最後にブランドサイトを紹介します。ブランドサイトはコーポレートサイトともサービスサイトとも異なります。コーポレートサイトは会社のブランドサイトのようなもの、サービスサイトはサービス自体や導入事例を紹介しお問い合わせをいただくものですが、ブランドサイトはブランドコンセプトをお客様に伝えるものです。特に、実店舗など「インターネットでの決済や問い合わせの無い」ホームページに関してはブランドサイトに分類されることになります。

 これまでに紹介した5つの「ホームページ」とブランドサイトの違いは、「明確な目的がない」ところにあります。定量的に評価のしづらいブランドサイトですが、「アート」と同様、今後再評価がされてくるのではないでしょうか。

*6つの「ホームページ」をふたつに分けると

 「ホームページ」の活用という視点で6つの「ホームページ」を考えたとき、ポイントになるのがその「更新性」にあります。更新をし続けて「ホームページ」のパフォーマンスを上げていくのがサービスサイト、Eコマースサイト、メディアサイトの3つです。そして比較的更新性は低く、ひとつの改善におけるインパクトが大きいのがコーポレートサイト、採用サイト、ブランドサイトの3つになります。

 今後、詳しく解説をしていければと思いますが、「更新性」という視点で自社の「ホームページ」を見直していただくと良いかと思います。