著者:石田 麻琴

課題をスケジュールどおりに進捗させていく、ために【no.1835】

 課題をスケジュールどおりに進捗させていくことと日々の通常業務を改善し続けること。

 マーケティング活動を展開していくためにはこの両輪を回し続けることが大切です。今回は「課題をスケジュールどおりに進捗させていくこと」について紹介したいと思います。

*マーケティング活動はスケジュールを立てるところから始まる

 マーケティング活動はスケジュールを立てるところから始まる、と言っても過言ではありません。そもそものマーケティング活動が無い、もしくは活動が回っていない場合には、まずマーケティングのサイクル(=運用サイクル)をつくることが必要になりますが、運用サイクルづくりはあくまでスタートラインに立つためのステップであり、成果を求めるにはスケジューリングが欠かせません。

 もちろん正しい形としては「ありたい姿をイメージする」「具体的な数字に落とし込む」「具体的なスケジュールに落とし込む」という3つの段階を経た上でマーケティング活動のスケジュールを立てるのですが、「ありたい姿をイメージする」「具体的な数字に落とし込む」は気合や意気込みで非現実なものを出すこともできます。

 しかし、「Googleを超えるインターネット企業をつくる」「1年後に売上を1,000倍にする」といった非現実的なイメージや数字は具体的なスケジュールをつくらせてくれません。まず、「具体的な数字」から「具体的なスケジュール」に落とし込むことができるかが重要なのです。したがって、「具体的なスケジュール」に落とし込めない、もしくは落とし込み方がわからない数字は、逆説的に非現実な数字ということになります。

*1年間のスケジュールを立ててみる

 まずは1年間のスケジュールを立ててみましょう。12ヵ月のコマを用意して、そこに1年後の数字を達成するための具体的な対策を入れていくのです。気合と意気込み的には初月にすべての対策を入れ、2か月目以降は「初月の対策を受けての改善」としたいところではありますが、これも現実性の低いスケジュールになってしまうでしょう。

 インターネットを活用したマーケティングを展開する場合、スケジューリングの項目としてしばしば挙がる項目を紹介していきます。

 まず「サービス開発・商品開発」です。新しいサービスや売れ筋商品の横展開など、お客様に提案するサービスと商品の開発を年間スケジュールに落とします。「●月にリリースするためには×月に企画をつくる」などの事前のスケジュールも見えてくるはずです。

 そして「販促企画・広告宣伝」。サービスや商品をお客様に知ってもらうためにどのような集客施策を取っていくのか。販促予算と合わせてスケジューリングをしていきます。ここは前年1年間のデータがあるとスケジュールをつくる参考になるでしょう。

 他には「顧客分析」「販売分析」「問い合わせ分析」「広告分析」など、業務の成果検証をスケジューリングすることもあります。毎週やるものでも1か月に1度やるものでもない、ただ定期的にやりたい。そういったときに事前にスケジューリングしておくのです。

*スケジュールを元にして進捗を調整していく

 大切なのはスケジュールを元にして進捗を調整することです。年初めにスケジュールを立てる会社は多いですが、そのスケジュールと現実の進捗の差分を常にチェックし、定期的に調整を繰り替えしている会社は少ないのではないでしょうか。どこかスケジュールは「作ることが目的」化されているところがあります。

 仮にスケジュールが遅れ、数字も伸びていないならば、スケジュールを進捗させるために何らかの手を打たなければいけません。スケジュールが遅れ、数字が伸びているならばスケジュールの内容を更新するべきです。マーケティングの定例会議は常にスケジュールを脇に置いて進められてください。