著者:石田 麻琴

ソーシャルメディアってなんだ?わたしの実例から教えるSNS活用。❹【no.1944】

(前回のつづき)

 スポーツジム用の専用アカウント(専用アカ)を作成したわたし。「こいつは次に何をやりだすのか」というブランドをつくることができたぽい―――が前回まで。

 ❶~❸の各回でちょっと話の方向がそれていってしまったのですが、最終回の今回はソーシャルメディアの活用のポイントについてまとめていきたいと思います。

 まず大切なのはSNSのアルゴリズムを知ることです。アルゴリズムという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、ルールみたいなもんですね。SNSに設定されたルールのようなものです。わたしも解説が下手くそですいません。

 たとえばTwitterのフォロワーが1万人いたとして、あなたが何かのツイートをしたときにその1万人全員のタイムラインにあなたの投稿が表示されるわけではないんですよね。厳密にいえば、表示はされているかもしれないけれども「優先して」表示されていない状態です。逆にフォロワーが100人しかいなくても、その100人全員のタイムラインの上位に必ず投稿が表示される場合もあります。これらは何が違うのか。われわれが到底知りえない、アルゴリズムを予測することが大切なんですね。

 基本的にソーシャルメディアの収益モデルはデータ活用です。ユーザーが長時間SNSをつかうことで、様々な行動データを取得し、そのデータをマーケティングに活用する。シンプルな例だと、インターネット広告ですよね。場合によっては集計したデータを他社に販売していることもあると思います。ソーシャルメディアがなんで無料で楽しめるかといえば、それがお金になっているから。ソーシャルメディアの目的はユーザーの時間をいかに奪うか、なんですね。

 そう考えれば、「よりユーザーが投稿をみる」状態をつくっているユーザーをアルゴリズムが判別し、タイムラインに表示する優先順位づけに役立てているだろうことは容易に予測ができます。そうなんですよ。「ユーザーを盛り上げるユーザー」の投稿こそ、ソーシャルメディアが優先する投稿なんですね。

 もちろん「内容」は重要なんですが、ひとつは投稿の「頻度」「回数」です。たとえばすごく人気のあるアカウントがあったとしても週1回しか投稿しなかったらユーザーが時間をつかうのは週1回じゃないですか。そこまで人気がなかったとしても毎日何度も投稿するとしたら、それだけユーザーに時間をつかってもらうことができます。アルゴリズム上、「投稿回数」が多いアカウントはそれだけで優先されるハズなんですよね。

 そしてもちろん、ツイートを投稿したときの「いいね!」「RT(リツイート)」「コメント」が多いアカウントは「ユーザーを盛り上げている」ことにつながるので、アルゴリズム上、優先されると思われます。とくに、「コメント」はユーザー同士のやり取りが発生するのでポイントが高いと思われます。

 あともうひとつ。ここが重要なところなんですが、「他のユーザーの投稿に反応するユーザーほどアルゴリズム上の優先度が上がる」ということです。ここまで書いたふたつについては「自分が情報発信するときのアルゴリズムのポイントと思われること、なんですが、逆のパターンで「自分も盛り上がる側に回った方が良い」ということなんですね。SNSを単に情報発信ツールだと思い込んでいるとこの発想が抜けます。SNSはコミュニケーションツールでもあるのです。

 なので、他のユーザーの投稿に「いいね!」「RT(リツイート)」「コメント」をしたり、エゴサーチをして自分について書いてくれているアカウントに反応をしたり、ソーシャルメディアという「場」を盛り上げることが大切なんですね。情報発信にしろコミュニケーションにしろ、「場」を盛り上げるアカウントこそアルゴリズムに最高に好かれるユーザーになれるのです。