著者:石田 麻琴

ソーシャルメディアってなんだ?わたしの実例から教えるSNS活用。❸【no.1943】

(前回のつづき)

 スポーツジム用の専用アカウント(専用アカ)を作成したわたし。なんとかゼロイチの状況は打破。ここからどうする?―――が前回まで。

 そんなこんなで少しずつフォロワーを増やし、数十人というところまでやってきました。ただジムにかよっている期間もみなさんよりも短いですし、自分が専用アカをはじめる前の人間関係もいまいちわからない。その中で目立つためにはどうすればいいのか?を考えました。

 そして最初にはじめたのが【あるある】です。このスポーツジムに4ヵ月ほどかよって、そこで感じたこと、気づいたこと、違和感なんかを【あるある】にして日々投稿をしていったのですね。他のアカウントのみなさんはそんなことはしませんから、この【あるある】は目立ちました。【あるある】をきかっけにして、話しかけてくれたり、友達になった方もいました。

 実際に【あるある】がベストだったのかはわかりませんが、ソーシャルメディアを運用するときに、「自分が何者に『みられる』か」というのが大切で、これからSNSに力を入れていくとしたら他のアカウントに比べたら間違いなく「後発」です。その後発の中で、人と違う「何か」をやって「お、この人(この会社)は何かが違うぞ!?」と思ってもらうしかありません。

 そういう点で【あるある】の他にもうひとつはじめたことがあって、それはスポーツジムの特定のプログラムに出続けることです。このスポーツジムは筋トレのジムのように自由に出入りができるわけではなく、スポーツジムがあらかじめ設定したプログラムを選択するカタチで進んでいきます。もちろん、プログラムには初心者が出るものから上級者が出るものでその強度にいくらかの幅があり、私はひとつのプログラムに目をつけたんですね。そのプログラムはそれなりに強度が高いものの、上級者しか攻略できないものではなく、ちょっと変わったプログラムです。

 このプログラムに徹底して参加して、このプログラムについては誰よりも知っている(ようにみんなに思ってもらえる)状態をつくるため、1ヶ月に10回以上このプログラムに出続けました。そしてこのプログラムに参加したことをソーシャルメディア上に日々投稿したり、このプログラムの攻略法や完走のポイントなどを投稿することで「●●●ならこの人」というポジションをつくっていきました。これも後発の人間がいかに前に出ていくか、ニッチで一番をとるランチェスター的な戦略(ランチェスター戦略とはあえて言わない)です。

 【あるある】や特定プログラムの徹底参加の他にも、ソーシャルメディア上で目立つために(なぜ目立ちたいのか、というガチツッコミはいりません)SNSで変わった企画をいくつか繰り出しました。何回もつづいたものもありますし、あまりウケなくて2-3回で終了したものもあります。ただこういうのって、「どれが当たるか」はいまいちわからないんですよね。だから数を繰り出して、フォロワーのみなさんの反応をみていく。

 ソーシャルメディアって、フォロワーのみなさんが「面白い」って感じたらすぐに「いいね!」とか「コメント」とかの反応が返ってくるんですよね。その反応を見ながら「これが面白いのか」「これ面白いと思ったんだけどなー」とか考えながら、同じ企画を繰り返したり新しい企画を考えてフォロワーの笑いを取りにいきます。ただひとつ言えることは、「自分が面白いと思った企画をやろう」ですね。ただそれだけです。

 そんなこんなのことを繰り返していると、フォロワーのみなさんが「こいつは次に何をやりだすのか」とか「こいつはまた何をやりだしたのか」みたいな期待をしてくれるようになるんですよね。世の中ではこれを「ブランド」って言うんだと思うんです。(次回まとめ)