著者:石田 麻琴

ソーシャルメディアってなんだ?わたしの実例から教えるSNS活用。❷【no.1942】

(前回のつづき)

 スポーツジム用の専用アカウント(専用アカ)を作成したわたし。最初はフォローもフォロワーも「ゼロ」はたしてどうする?―――が前回まで。

 まずはフォロワーを増やさなきゃいかんわけですよね。フォロワーを増やすためのセオリーは「まず自分でフォローする」だということは皆さんもご存じのとおりです。ただ、フォローをしまくったとしてフォロワーが追いつかない状態になると、「フォロー:100人、フォロワー:20人」みたいなイビツな状態になってしまい、この感じになると「フォローしようかなと思った人の手が止まってしまう」ことになってしまうんですね。「怪しいヤツ」と思われてしまうんです。

 大切なのは「自分がフォローした人が安心してフォロー返しできる」状態をつくることで、そのために大切なのは「フォローの数とフォロワーの数が比較的近いまま数を増やしていくこと」なんですね。そして「自分がフォローした人が安心してフォロー返しができる」ように自分のプロフィールをわかりやすく、変に怪しまれないように書いておくこと、です。もちろんフォロワーを増やしてコミュニティをつくっていきたい場合ですよ。

 なので、フォロワーの増え方を確認しつつ、フォローを増やしていき、なおかつ自分のプロフィールも何度も何度も書き直しました。ここは他のTwitterをやっている人(=ツイッタラー)のプロフィールを参考に、一番怪しまれないっぽいプロフィールを作成しました。いつからスポーツジムに入ったか、どこのスタジオに所属しているか、好きなレッスンの情報なんかも入れましたかね。「初心者なんでいろいろ教えてください!」みたいな謙虚なひと言を入れておくのもポイントだと思いました。

 次におこなったことは、「いいね」と「コメントする」です。ソーシャルメディアというのは面白いもので、「盛り上げる人」ほどアルゴリズムに好まれるようになっています。Twitterのようなソーシャルメディアの狙いって、「ユーザーがソーシャルメディアにはりついている時間を増やすこと」なんですね。ユーザーとの接触時間を増やすことでより多くのユーザーの趣味嗜好のデータを収集することができる(そしてそのデータを広告掲載などに活用することができる)わけです。

 なので、これはソーシャルメディアを運用するときの重要な視点なのですが、「ただ単に情報発信をする人」よりも、自分ではない他のアカウントに対して「いいね」をしたり「コメント」をしたり「リツイート」をしたりしてTwitterの場を盛り上げるアカウントほど、アルゴリズムには好まれます。情報を発信したときにフォロワーのタイムラインに表示される可能性も高くになるんですね。ソーシャルメディアを運用する人は覚えておいた方がいいと思います。

 ということで、フォローとフォロワーの塩梅を見つつ、ジム関連のツイートをしている人に「いいね」や「コメント」をしていきます。ただ、いきなり「コメント」をしても「お前誰やねん」状態になるのは目にみえているので、事前にその方の投稿やコメントに対する反応をみつつ、こころよく返信をくれそうな方を狙ってコメントを入れていきました。ウザい新入りに思われないように、爽やかで謙虚な感じに。

 ちなみにどうやってユーザーをフォローしていくかの考え方はシンプルで、スポーツジムのアカウントのユーザーがフォローしている人をフォローしていけば良いだけです。同じ趣味嗜好をもっているはずなので、コミュニティができる可能性が高まります。この考え方はどんなジャンルにでも使えますよね。とあるお弁当屋さんが大手コンビニエンスストアの隣に店舗をガンガン立ち上げていったように、「すでにマーケティングされているものに乗っかれ」ばいいのです。(つづく)