著者:石田 麻琴

「成果につながる良い習慣」をつくるための時間の活用【no.1945】

 基本的に仕事って、目新しいことばかりではなくて、ほとんどの仕事が毎日同じようなことの繰り返しなのではないかと思います。毎日毎日、新鮮で新しく、スペクタクルで映画のようなことが起こったら面白いのかもしれませんが、そうはならないし、たぶんそうだったらそうだったで疲れる。

 なので、仕事(もしかしたら人生もかもしれませんが)の本質って、日々同じようなことを飽きずに、どこか新しい気持ちをもって、継続していくことにあるのではないかと思うわけで、自分の中でいかに「習慣化」させるかがポイントになるのではないかと思うのですね。日々同じことは要するに「つまらないこと」のはずなので、習慣にならないとやってられない。

 たとえば、ECMJコラムでもたびたび登場する「数値管理表」やSNSやブログを活用した「情報発信」、そしてデータ活用の本丸というべき「因果関係の整理」などは、それ自体は何ら難しいことではなくて、1度や2度だったら誰だってできる。というか、100回でも1,000回でもできるはずで、「数値管理表」も「情報発信」も「因果関係の整理」も何が難しいかって、継続して習慣にすることだと思うんですね。

 当然、時間というものは有限で、しかも今やりたいことや習慣になっていることもある中で、それを「成果につながる良い習慣」に変えていかなければいけないわけです。これは並大抵のことではないと思うのですが、ちょっと習慣化のポイントというところでまとめてみたいと思います。

 習慣化について調べると、こんなことがわかります。「一般的に新しい習慣が身に付くためには平均66日かかる」と言われているようなんですね。なので、この66日間をいかに突破するかが重要。もっといえば「三日坊主」という言葉があるように、まず3日、そして1週間、そして2週間と細かくマイルストーンを設定して少しずつクリアしていくことが大切なんですよね。

 これはECMJコラムでもよく書いていることなんですが、行動を継続し習慣化するために大切なのは「まず時間をとる」ことです。とにかく「何をやるか」を細かく決めていなくても行動をする時間を先にスケジューリングしてしまう。よろしくないのは逆のパターンで、「何をやるか」が具体的に決まってから「時間をとる」こと。一見正しいように感じてしまうのですが、これだと「何をやるか」が決まらないと時間をとらなくて良い、ということになってしまう。継続のためには、「まず時間をとる」ことを心がけた方がいいですね。

 あとは「考える時間」と「行動の時間」を必ず別にすること。「考える時間」と「行動の時間」と一緒にすると、どうしても行動のペースが遅くなります。場合によっては「考える時間」だけで終わってしまい、全然行動ができずに焦る・・みたいなことにもなりかねません。モチベーションが上がるから行動する、のではなく、行動するとモチベーションが上がる、みたいな言葉を聞いたことがあるかもしれません。同じように、「考える時間」と「行動の時間」を別にして、余計な判断を入れずに前に進んでいきましょう。

 そして大切なのは、ここまでにあげた「まずは時間をとる」ことと「考える時間と行動する時間を別にする」を実践できているか、それを「確認する時間」を事前に設定してしまうことです。たとえば、必ず1週間の最初もしくは最後に確認する時間を入れる。人はどうしても自然に「コンサバティブ」になっていきますから、やはり定期的に「成果につながる良い習慣」をつくるための時間の活用ができているか、それをウォッチして軌道修正していくのがよいと思うんですよね。ぜひ取り組んでみてください。