著者:石田 麻琴

「新規参入の可能性」を頭に入れてEコマース事業を展開する【no.1957】

 Eコマース事業を新しい事業の柱として拡大していくにあたって、ひとつ知っておきたいポイントは「新規参入の可能性」です。つまり、競合となるネットショップがこれから出てくる可能性があるのか否か、ということです。当然、今後競合となるネットショップが出てくる可能性がない商材の方が、マーケティングがより有利に働きます。

 逆に今後の新規参入の可能性が高いほど、常に自分たちをアップデートし、競合ネットショップの手法を研究しながらマーケティングを展開していかなければいけません。Eコマース事業でいうと、レディースファッション、メンズファッションといったファッションのジャンルは特に危険なカテゴリの代表格だといえます。

 もともとファッションのEコマースに参入している事業者が多い上に、「ファッションをやりたい!」という新しい事業者が絶えず出てきます。ファッションのような「華やかさ」のあるカテゴリほど、新規の参入が活発になりがちなのです。さらにファッションはセンスや感性が問われ、見込のお客様への認知・集客・リーチの方法も時代とともに変わっていきますから、世の中の最先端の流れについていけるかも大きく関わります。

 当然、Eコマースを運営・運用する事業者である私たちは「いまが一番」若く、1秒1秒年齢を重ねていきます。ファッションのようなカテゴリへの参入は若さや感性との戦いとも言えます。時間が経てば経つほど、勝負が厳しくなっていくともいえるのです。Eコマース事業とはいえど、むしろ「地味なカテゴリ」を探した方が良いかもしれません。

 そう考えると、Eコマース事業を展開していくのに有利になるのは「いまさら新規参入したいと思われないカテゴリ」かつ「すでに一定規模のマーケット(市場)」があるカテゴリということになります。

 まず「いまさら新規参入したいと思われないカテゴリ」ですが、表現に少し語弊があるかもしれません。ファッションのようなカテゴリとは逆のカテゴリのイメージを考えてみてください。ビジネスとしての華やかさはなく地味ではありますが、人々に根づいているようなカテゴリです。また、新規参入をするために一定規模の投資をしなくてはいけなかったり、特定の既得権益に取り入らなくてはいけないカテゴリだったりします。

 とすると、この「いまさら新規参入したいと思われないカテゴリ」で圧倒的に有利になるのは、母体となる既存のビジネスをリアルの世界で長年展開しており、その上でEコマースに新しい販売チャネルを求める企業、Eコマースで新しいBtoCのマーケティングを展開していくというような企業になります。やはり、母体となる既存のビジネスを長年展開している会社さんの方が、Eコマースという市場でも圧倒的に有利なのです。

 新規参入のEコマースについては既存ビジネスを展開する会社さんのような投資をおこなうことができません。ですから、ある商品のラベルを変えただけのOEM商品を発売したり、ITの力を駆使しての仕組化・効率化(高利益率化)に積極的に着手したりしてビジネスをつくっていくわけですが、時代とともに思った以上に早くコモディティ化してしまうことは自明であり、やはり最終的にものを言うのは自社で自由に商品に改善を加えていける力なわけです。

 先ほども触れたとおり、われわれは「今が一番若い」状態です。1秒1秒年齢を重ねていきます。短くビジネスを変えていくならば話は別ですが、長くビジネスを展開していくためには「新規参入の可能性」というものも頭に入れておくのがよいのではないでしょうか。「新規参入の可能性」が低いと、Eコマースは本当に楽です。(落ち着いて改善できる、の意味)