著者:石田 麻琴

SNS×Eコマースの潮流をいかにつかむか。前編【no.1965】

(前編のつづき)

 企業のSNSの活用としてありがちなのが、「SNSを一方通行の情報発信ツール」にしかみていないということです。従来のPRや広告のように、「企業が発信し、お客様がそれを受け取るもの」という発想が根付いているのが大きな原因ではないかと考えられます。SNSの活用においては、「企業が発信し、お客様がそれを受け取るもの」というのはあくまで機能の一部ってあって、SNSのパワーを十分に活かせているとはいえないですよね。SNSは拡散されてこそ意味がある。

 まずSNSとは双方向の場であって、企業と個人の関係であっても、個人と個人と同じような立場で運用をしていかなければいけない。マーケティングツールである前にコミュニケーションツールであるわけです。そして、忘れてはいけないのがアカウントのフォロワーとしての個人の後ろにはまたたくさんのフォロワーの個人がいるということ。アカウントをフォローしてくれている個人が、後ろにいるフォロワーに情報を伝えることによって情報が広がっていきます。「企業→個人」ではないですよね。

 これはそもそもSNSのアルゴリズム上でも言えることで、企業と個人の情報のやり取りは個人と個人の情報のやり取りに比べて希薄になりがちなので、企業アカウントの情報発信はどうしても個人のTL(タイムライン)上で埋もれがちになるんですよね。この部分の「表示されていない」と「埋もれがちになる」の違いがわかるかというところがインターネットのマーケティングで重要で、検索対策の原理と一緒です。「表示されていない」のではなくて「埋もれている」んですね。どこかには必ず存在している。

 システムのアルゴリズムから考えても、企業が個人に情報を伝えるより、個人から個人に情報を伝えてもらった方が「伝わりやすく」なおかつ「信用されやすい」わけで、企業のSNS運用はあくまでそこを意識していかなければいけないということなんですね。そして、難しいところがこのSNSの運用を社内の誰がどうやってやるか、というところなのですが、私の経験上だと「教えてできるもの」ではないと思います。というか、教えればできるようになるでしょうが、「普段から息を吸うようにSNSをつかっている」人には到底かなわないのが現実。

 ECMJの顧問先でもSNSとブランドを上手く紐づけてEコマースにつなげていくのが上手な会社さんがいくつかありますが、プライベートでもSNSを触っていて「情報発信やコミュニケーションの勘所」をわかっている人(どうしても若い世代になっちゃうのですが)が運用しているケースばかりです。プライベートで触っていないのに、仕事でSNSを頑張ろうというのはやっぱり厳しい。Eコマースをやっている会社の担当さんでプライベートでSNSやっていない方が仕事でSNSを運用すると、「単なる商品やサービスの紹介」になりがちなんですよね。商品や販促の背景だったり、小話だったり、ストーリーや価値観、コンセプトを伝えるものではないカタチに。

 あとはSNSの双方向性というところでポイントになるのは、ライブ動画でしょう。ここも大きなテーマです。これまでのEコマースでは「商品ページの作り込み」が重要なポイントのひとつでしたが、お客様と直接双方向のやり取りができるSNSのことライブ動画の配信が、ある程度作り込みページの要件を満たしてしまっているという・・ライブ動画でお客様がみたいものを見せた方が早かったりしますからね。その点でもコンテンツの制作が少し変わってくる気がします。

 SNSとEコマースの関係はどの会社さんでも気になる部分かと思って、前編後編でコラムにしました。ECMJセミナーでもSNS活用についてをテーマにしてみましたので、ぜひ議論しましょう。お申し込みお待ちしています。(最後に宣伝です笑)