著者:石田 麻琴

SNSからネットショップへの第一歩として投票機能を活用する【no.1979】

 少し前にも書いたかも?なのですが、EコマースでSNSを活用する際、気をつけた方がいいのは「投稿が必ずしもフォロワー全員に閲覧されているとは限らない」ということです。むしろ、「ほとんど閲覧されていない」と認識する方が良さそうです。

 ここにはいくつか理由がありますが、法人アカウントのタイムラインでの表示が弱くなってしまうのは、個人アカウントに比べてコミュニケーションが弱いからです。個人アカウント対個人アカウントでは当然におこなわれる「いいね」「RT」「コメント」などの機能が、個人アカウント対法人アカウントだと著しく減ってしまうため、法人アカウントをフォローしていたとしても、タイムライン上での「優先順位」が下がってしまうんですね。

 大前提として知っておきたいことは、SNSというツールのビジネスモデルです。TwitterもInstagramもFacebookもわれわれは無料で利用することができます。もちろんSNSの運用や開発には膨大なコストがかかっているわけで、どこかに収益源が発生しないとビジネスを維持することができません。しかし、SNSのサービス価値は上がり続けています。Twitter社もFacebook社(InstagramはFacebook社)も上場企業ですよね。

 SNSが何が欲しいかといえば、情報です。つまりデータです。ユーザーがSNSに投稿したり、他のユーザーの投稿に反応したりすれば、そのデータが蓄積されます。ユーザーの行動やトレンドのデータを取得することで、マーケティングデータとしての利用価値が高まるわけです。そう考えれば、SNS的には1日24時間、SNSにはりついて逐一投稿や反応を繰り返すユーザーが良いユーザーであるわけです。

 タイムラインに表示される「優先順位」という話を前述しましたが、SNS的にユーザーのSNS利用時間を最大化するため、「優先順位」を決めていると考えられます。SNSにとって大切なアカウントとは「頻度高く投稿し」「その投稿に高確率で反応があり」「他のアカウントの投稿にも反応する」ユーザー、つまり「SNSという場を盛り上げてくれる」ユーザーが重要であり、そのユーザーの投稿が優先されるハズ、なわけですね。

 われわれがEコマースで活用たいと考えている法人アカウントの場合、いかにしてフォロワーからの反応をもらうか、というのがキモになります。「いいね」は反応としてもらえることもあるにせよ、「RT」「コメント」となるとフォロワーとしてもハードルがやや高いわけです。「いいね」「RT」「コメント」のハードルがどうしても高くなってしまう理由は、法人アカウントの元に通知がいってしまうからですね。「このユーザーさんがコメントをしました」と。どこか抵抗感が出てしまう理由です。

 ただ、フォロワーとの接触頻度を上げないと、法人アカウントを頑張る意味もなくなってしまうわけです。そこでおすすめしたいのが「投票機能」です。TwitterにもInstagramにも、投稿機能があると思います。これは、「あなたはハンバーグランチでパンとライスどちらを注文する?❶パン❷ライス」のように、質問と回答の項目選択肢を投げ、フォロワー(ユーザー)に回答をしてもらう機能です。

 フォロワーとしては回答をしないと回答結果をみることができないので、「他のユーザーがどう考えているのか?」を気にして回答をしてくれることが多いだけではなく、投票機能を利用したアカウントに対して「自分が投票したこと。どの項目選択肢に投票したか」が一切通知されないのが利点です。普段、「いいね」「RT」「コメント」をしてくれないフォロワーとの接触頻度を少しでも上げるためのステップとして投票機能は有効です。

 とにかく、SNSの活用は情報発信の回数と反応の獲得が大切です。フォロワーに適切なステップを用意して、ネットショップの商品に興味をもってもらえるまで、うまく階段をのぼってもらいましょう。