著者:石田 麻琴

自社サイトはどれくらいのコストをかければいいのか【no.1981】

 よくご質問いただくのが、自社サイトはどれくらいのコストをかけて立ち上げた方がよいですか、という質問です。「どれくらいの予算を見込んでおいた方がよいでしょうか?」というようなご相談をいただくのですが、今回のECMJコラムは「自社サイト」について。

 自社サイトでのEコマース運用を選択する際、まず頭に入れておかなければいけないのは、ネットショップに至るまでの導線です。お客様がどうやって自社サイトにいきつくのか。ショッピングモールでのEコマースであれば、検索バーを使っての商品検索がメインになりますが、自社サイトの場合には何も対策をしなければ「検索からの流入」をカバーすることができません。どうやって自社サイトにいきつくのかを考えてみてください。

 ひとつはインターネット広告という選択肢です。ただ、Eコマース事業のスタート時点から広告予算が取れる事業者は多くないと思います。次に検索です。検索からの流入を狙う場合、自社サイトであればブログを活用したコンテンツマーケティングが一般的です。テキスト文章で自社の商品に対する想いや、商品の目的・用途・活用方法などのコンテンツを作成し続けられるならば、この手段もアリです。そしてメディアです。大手のメディアに取り上げられることは簡単ではないにせよ、SNSを活用して対象となるお客様を集めてくるのはそう難しくはありません。現在のブランドの認知度アップ、集客手段のメインになっているのがやはりSNSです。

 SNSを使って自社サイトにお客様を誘導するとして、SNSで発信するべきなのは商品の情報だけではありません。商品やブランドのコンセプトであったり、まつわる背景、立ち上げの苦悩や商品開発におけるストーリーなどをコンテンツとして情報発信をしていきます。リアルのイベントを絡めて、お客様に実際に商品を見てもらう機会をつくったり、商品を使ってもらってお客様自身に情報を発信してもらう機会をつくります。こうやってブランドに共感してもらい、商品により興味をもってもらうわけです。

 こう考えると、現在のSNSはすでにネットショップにおける「商品ページ」のような役割をはたしているといっても過言ではありません。ブランドのコンセプトからイベント情報、商品の詳細や使用画像、またライブ配信を活用してのお客様からのお問い合わせやリクエストの管理はすべてSNS上でできてしまうわけです。そうなると、自社サイトの自社サイトたる存在意義ははたしてどうなるのか、ここを考える必要が出てきます。

 いわゆるネットショップというと、お客様が導線を伝ってやってきて、商品ページを閲覧して買う気になり、商品を買い物かごに入れて決済ボタンを押す、という流れ。その流れに従ったページの構成と買う気になってもらう提案と表現が必要になると、ある程度認識が固定化されているわけですが、SNSをメインの導線とするならば「商品を買い物かごに入れ、決済ボタンを押す」ことができれば、それは自社サイトとしての意味を成しているわけです。

 これまでは実店舗で商品をみてネットショップで商品を買う、という流れができていましたが、新しい流れとして生まれてきているのが、インターネット(主にSNS)でブランドを知り、リアルのPOP UPにいって商品を確認し、商品を購入するという流れです。お客様が商品ブランドを知る流れが逆走し始めています。こういった場合でも、いわゆる固定化された自社サイトはマーケティングに当てはまらないことになります。

 「自社サイトはどれくらいのコストをかけるか」これは難しい問題です。お客様への認知の仕方、ブランドの伝え方によっては、「まずはゼロ円から。後は運用状況をみて機能拡充」で良いのではないでしょうか。