著者:石田 麻琴

世の中のトレンドやニーズは先読みできるものなのか?【no.1990】

 少し前にとあるEコマースのシステム会社さんと話していたときに、興味深いことをお聞きしました。

 Eコマースのカートシステムというと、Eコマース事業をやっている方からすれば思いあたる会社さんがいくつかあると思いますが、後発の会社として10年弱前に登場したのがいわゆる「インスタントカート」のEコマースシステムでした。誰でも簡単に無料でネットショップを開設できますよ、というカートですね。

 インスタントカートがEコマース業界に登場したとき、STORES(ストアーズ)さんとBASE(ベイス)さんの2社がほぼ同時期に登場しました。ストアーズさんは一度ZOZOのグループに入りますが、その後ZOZO出ていまに至ります。ベイスさんは順調に店舗数を拡大し、現在は160万店舗を超えるまでになり、2019年にマザーズ上場を果たしたわけですが、「インスタントカートの会社さんがここまで躍進すると思っていましたか?」という話になったんですね。

 答えは「まったくここまで成長すると思っていかなった」でした。このEコマースのシステム会社さんはいまでも業界でもっとも知名度があるカートシステムのひとつですが、その会社さんでもインスタントカートの躍進は予想できなかったというわけなんですね。

 インスタントカートが登場したとき、同様にわたし自身もその成長と必要性に懐疑的でした。Eコマース事業で売上をつくる、というのはネットショップを構えることではなくてネットショップを運用することであり、インスタントカートには商品を載せることはできても「細かい提案」をしたり「集客・認知」を拡大したりするには機能やサービスが不十分だと思ったのですね。簡単にいえば「インスタントカートで売れるのか」と。

 ただ、なぜここまでインスタントカートが躍進したのかを考えると、「売れるか売れないかよりも、単純に自分(店舗や会社)独自のネットショップを持ちたい」という潜在層が大きなニーズとして存在しており、ストアーズさんやベイスさんはその「とりあえずネットショップ出したい層」を取り込むことができたのだろうな、と。これが思ったとおりなのか、思った以上なのか、それとも自分たちでも想像できなかったのか、インスタントカートの会社さんに聞いてみないとわかりませんが、我々の想像のまったく外側にニーズがあったというわけです。

 このインスタントカートについての話を勉強会のメンバーとの食事会で話したところ、同じような面白い話が出ました。「近年でいわゆる『世界的な商品ブランド』をつくった会社といえばテスラだと思うのだけど、イーロン・マスクはこの未来を想像できていたのか」という話でした。

 自動車だと例えばメルセデスやBMW、アパレルであればシャネルやグッチなど、ブランドというと自分たちが生まれる前からすでにそこに存在していたもののように感じ、ブランドがブランドになる過程の見えないものであることが多いのですが、テスラというブランドについてはその成長の過程を我々は見てきているだろうというわけです。ここについては「予想できていたのではないか」「予想まではできていないのではないか」の両方の意見がメンバー内でも出ましたが、「予想できていなかった」の方が多かったように思います。

 ただ、たとえ「予想はできていなかった」だとしても、だからといってそれは「運がよかった」などではなく、イーロン・マスクさん自身のマーケティング力で「それをスタンダードなものにした」のだと思うんですね。これは日本のユニクロさんも同じだと思います。世の中のなにもが最初は亜流であり、人々がその亜流をスタンダードなものに変えていくわけです。