著者:石田 麻琴

これはもったいない!植松エンジニアリングはすぐに自社ホームページを!【no.0799】

 チャンスはある日突然やってくる・・

植松エンジニアリングのホームページはどこに?

 11月28日、仙台でおこなわれたボクシングの世界戦で、帝拳ジム所属の木村悠選手が世界タイトル奪取を果たした。相手のペドロ・ゲバラ選手はメキシコ期待のチャンピオン。事前の予想からすると大金星での勝利ということもあって、試合後のテレビニュースやWEBサイトの記事をみたという方も多いと思います。

 この木村悠選手、都内の商社に勤めるサラリーマンボクサーとして有名で、試合前は「商社マンボクサー、世界に挑む!」的な打ち出し方をされていたし、番狂わせを起こしたこともあり、試合後も「商社マンボクサー、世界タイトル奪取!」のニュースが発信された。今後、防衛戦もあるでしょうから「商社マンチャンピオン、防衛戦に挑む!」が話題になっていくと思われます。

 そこで木村悠選手のことで気になるのが、いったいどこの商社で働いているのかという話。一部のニュースには出ているので知っている方もいらっしゃるかと思うが、「植松エンジニアリング」という電力関連の専門商社らしい。恥ずかしながら「植松エンジニアリング」という会社を知らなかったのでインターネットで検索してみたのだが・・

 植松エンジニアリングのホームページが見当たらない!!!

木村悠選手はとんでもない広報活動をしてくれたような・・

 私の見逃しや、私のパソコンになんらかのブロックがかかっているのかもしれないので皆さんもぜひ「植松エンジニアリング」と検索して欲しいのだが、最初に出てくるページが「ソリマチ業務ソフト導入事例」、以降はWEBサービスサイトでの掲載が続き、「植松エンジニアリング」自社のコーポレートサイトは出てこないハズ。少なくとも1ページ目にホームページが出てこないのは致命傷な気が・・

 業界に疎いのでよくわからないが、電力関連の業界では知らない人はいない有名な会社さんなのかもしれない。わざわざホームページを作らなくても、業界のみんなが知っていて、仕事がバンバン入ってくるような会社さんなのかもしれない。

 なので、なんとも言えない部分もあるのだけども、この木村悠選手の勝利のタイミングが「植松エンジニアリング」が一般に最も知られた瞬間だったのではないだろうか。私と同じように、「植松エンジニアリング」を検索した人が全国にたくさんいたのではないだろうか。木村悠選手はとんでもない広報活動をしてくれたのである。

 しかし、最も検索が集中するタイミングに、「植松エンジニアリング」にはホームページという大切な受け皿がなかった、という・・もったいない!!!

チャンスは突然やってくる・・問題は準備があるか否か

 こういうこと、事前に想定することができなかったのだろうか。インターネットの理解はそんなものだったのだろうか。

 もちろん、サラリーマンをやりながらプロの世界でチャンピオンになった木村悠選手の自己管理がすごいからこその結果なのだか、そこに理解のある会社として「植松エンジニアリング」はめちゃくちゃ評価されるべきだと思いますよ。木村悠選手のニュースをみた社会人や学生で、「植松エンジニアリングのような会社で働きたい!」と思う方はきっといるでしょう。採用視点のブランディングも重要です。

 今回の木村悠選手の件は、非常にわかりやすく「簡単なものでもいい。なんでホームページを用意しておかなかったんだ!」という例なんですが、他にも「うちは専門的な会社だから」「うちはBtoBの会社だから」という理由でホームページを用意していない会社もあるはず。どこでどんな人が会社の噂をしてくれているかわからないので、絶対にホームページ(コーポレートサイト、サービスサイト)は作っておいた方がいいです。

 また「植松エンジニアリング」がホームページを作られているとしたら「ボクシング世界王者・木村悠選手が働く専門商社、植松エンジニアリング」と情報を出しておいた方がいいですね。皆さん「ボクシング 木村 商社」で検索するでしょうから。

 チャンスはある日突然やってくる・・問題はそこに準備があるか否かだ・・

 おわり。