著者:石田 麻琴

チームラボ・ボーダレスに学ぶ「SNS集客戦略」【no.1702】

 先日、お台場にあるチームラボ・ボーダレスにいってきました。しかも、短期間(1週間)の間に2回。ECMJが参加しているBPIAという勉強会の参加型イベントの一回目としてチームラボ・ボーダレスにいってきたいのです。1回目が下見で、2回目がBPIAの体験会。ちなみに、1回目は森ビルの方にご案内いただき、どの施設も並ばずに優先で体験させてもらってしまった。がっはっは。

*2018年6月にオープンしたばかりのチームラボ・ボーダレス

 チームラボ・ボーダレスは2018年の6月にオープン。まだオープンから1年も経っていないので「知らない」「行ったことない」という方も多いと思います。場所はお台場のパレットタウンで大きな観覧車の下、ZEPP東京の隣というとわかりやすいかもしれません。その昔は大型のゲームセンターだったですよね。私も学生時代・20代の頃は友達と深夜に遊びにいってました。(すごくアミューズメントが多くて良かった)

 施設内に広がるのはデジタルアートの世界。「境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」というテーマのとおり、施設の中にはほとんど「ガイド」というものがなくて、トイレと出口と4階に上る階段くらいしかインフォメーションされていないんですね。WEBサイトにも「館内地図」的なものがないので、どこに何があるかがわからない。家に帰ってチームラボ・ボーダレスに関する情報を調べて、「あーこんなのあったんだぁ」と気づく、みたいな。

*チームラボ・ボーダレスを様々な視点で見ると面白い

 一応私も社会人ですし、今回チームラボ・ボーダレスを訪れたのはBPIAの「デジタルトランスフォーメーション研究会」の一環でもあったわけで、チームラボ・ボーダレスというものから「何を学ぶか」が重要だと思っていました。「すごいなぁ」とただボーっと情報を受け入れるだけではなくて、そこから新しい発見や新しい行動に繋がるような。

 今回の研究会のテーマとしても、チームラボ・ボーダレスを見る視点がいくつかあると思っていました。ひとつは「アート的」な視点。デジタルアートという新しい分野が人にどんなセンス(感性や感情)を与えていくのか。もうひとつは「システム的」な視点。デジタルアートの仕掛けがどんなITシステムによって成り立っているのか。そして「マーケティング的」な視点。この新しい「ある種奇抜な」施設がどうやって人に知られ、集客をしているのか。最後に「経営的な」視点。採算をどれくらいのスパンでみているのか、実際に利益に到達するのか。

*チームラボ・ボーダレスにはなぜ「外国人観光客」が多いのか

 チームラボ・ボーダレスに参加した1回目。森ビルの方にご案内いただいたときに気になったのが外国人観光客の多さでした。聞くところによると来場者の4割が外国人の方ということですが、体感的には6割くらいを占めている感じがします。なぜこれほど外国人の方が多いかというと、SNSの影響が大きいらしいんですね。Instagramやfacebookの投稿を見てきてくれると。やはりInstagramだと。

 チームラボ・ボーダレスの施設内は撮影がOKであり、日本人も外国人もみんな写真や動画を撮ってSNSにアップしてるんですね。それを友達やハッシュタグを通じていろんな方がみる、来場した方がまたチームラボ・ボーダレスの画像をSNSにアップする、拡散するという流れ。画像と動画というビジュアルの直感的な情報がSNSで拡散するトレンドに上手いタイミングで乗っている施設だと思いました。まさにSNS集客の成功。もしかしたらチームラボ・ボーダレスはほとんど広告費をかけずに連日満員なのではないだろうか。

 私が興味を持ったのはチームラボ・ボーダレスの「マーケティング的」な視点でした。ぜひ皆さんもチームラボ・ボーダレスに参加してみて、面白い気づきを探してみてください。