株式会社ECマーケティング人財育成は、Eコマース事業の売上アップとチームの人財育成を両立させる、コンサルティング&コーチングの会社です。

3.Eコマースの収益アップ

 ネットショップの売上が上がるのって、たまたまじゃないんですか―――。  私も、昔はそう思っていた。前職の会社に入社したとき、すでにEコマース事業での年商が数億円あった。若い社長(28歳だった)をみて... つづきを読む

 インターネットの活用を会社全体の課題と捉えないと、ネットは「失敗」します。  たまにいただく相談があります。「すいません。うちの会社のホームページのコンサルティングをしてもらえませんか?」というよう... つづきを読む

 さて、土曜日なのでブログのまとめの日です。  今回から、ECMJブログの「Eコマースを育てる」のカテゴリから、ブログをピックアップしご紹介します。「Eコマースを育てる」のカテゴリは、2015年の10... つづきを読む

 あなたの会社には、完全な「お客様の立場」の人間が1人いるか―――。  昔、岩佐さんから聞いた話である。週刊ダイヤモンド編集部の話だ。岩佐さんがいた頃の週刊ダイヤモンド編集部は、編集長、副編集長、記者... つづきを読む

 商品原価率にもよりますが、ネットショップの売上が月商100万円を超えたあたりから、広告費をねん出することができるようになります。  商材が価格競争になっている場合、月商100万円でも広告費を出すのは... つづきを読む

 お客様の買い方に疑問を持つ、ということが新しい価値を生むためのタネになります。  我々はネットショップを運営するとき、自分たちの考えた範疇で商売を営みがちです。「うちのネットショップはお菓子屋」と決... つづきを読む

 人は自分のタイミングでしか買わないものです。  あなたの商品やサービスがいくら良いものだったとしても、今月のお小遣いが足りなかったら買いません。奥さんや友達や町金から借金してまで、あなたの商品やサー... つづきを読む